2018/06/18

水曜日より通常通り開講

大阪教室へいらしてくださっている皆様

皆様、お怪我はなかったでしょうか?
できるだけ早く普段通りの生活が戻りますこと、心よりお祈りしております。

私達講師ができるのは、いつも通りの教室でいつも通りに皆様をお待ちすることだと思っています、水曜日より通常通り開講いたします。ただ、皆様はどうぞご無理のないよう。

教室は大丈夫です。もしかしたら割れてるタイルがあるかもしれず、講師が必死にくっつけてるかもしれませんが、
気にしないで絵付けに集中してくださいね。

いつもの教室でいつも通りにお待ちしております。

スペインタイルアート工房
大阪教室
船戸、上尾野辺、柳沢

|

2018/06/11

スペインの「アマポーラ」と「太陽」ぷっくり作ってみました

粘土からタイルを作る新作できました。

Mato

こちらはアマポーラ、スペインを彩る花です。今回はパステル調でしとやかに。花部分は型抜きで簡単、まわりは粘土をペタペタ貼り付けて葉っぱを作ります。

Cue

こちらは太陽。出っぱってます。サンプルはなんだか“おっちゃん顔”になってしまいましたがおめめぱっちりで待ってます。ただのまん丸だけじゃなく、耳をつけたり、髪の毛付けたり、もっとかわいく「太陽」じゃなくなってもOK。こちらも型抜きで簡単。

Tai_2

スペインタイルアート工房の東京教室、大阪教室でいつでも制作できます。<YF>

 

スペインタイルアート工房 携帯HPパソコンHP

|

2018/05/28

展覧会出品のご紹介(2015年ティーハウス)

2015年の東京展覧会出品作品をご紹します。

私は毎回ミニチュア(ドールハウス)を作っていますが、2015年はハウスも陶器で作りました。しかし木工ならともかく陶芸はほぼ素人……。失敗を繰り返しなんとか形にはしたものの、イメージ通りというわけにはいきませんでした。

18052801
コンセプトはティーポットの形の紅茶屋さん。絵本や子供のおもちゃの世界なので、あまり現実感の無い装飾にしました。高さ27cm。

今回は家本体の制作過程をご紹介します。

注ぎ口を作ります。数年前のことなので記憶にありませんが、形を作ってから内側をくり抜いたと思います。形崩れを防ぐためにボトルに乗せて半乾燥中。粘土は黒っぽい色ですが、焼くと白くなります。

18052802
続いて胴部分。床を作り壁を積んでいきます。乾燥が進みすぎないようラップをかけています。
18052803
だいぶ積み上がってきました。ここまで数日かけています。連日では作業できないため、作業していない時は全体をビニールで包んでおきます。

18052804
胴部分が出来たら、注ぎ口との接合部分に穴を開けて、注ぎ口を接合。

18052805
取っ手を作ります。実際にこれを持って持ち上げることはしないので、華奢な作りです。持ち上げても形崩れしない程度になったら胴に接着。

18052806
窓とドア部分をくり抜きます。
18052807
ドア枠(ファサード)制作。歪まないよう板で押さえて半乾燥させます。こちらも歪まない程度に乾いたら胴に接着。

18052808
壁の下部分はタイル貼りをイメージし、目地線を入れます。壁に貼られているように見えるように段差も作ります。上部の壁はざらつきがあるような壁にしました。覚えていないけど、たぶん歯ブラシで叩いたような…?
窓の周りに葉っぱを付け、壁に木を生やします。

18052811
玄関の上に店名を。tetera、単にティーポットの意味です。

18052812
同時進行で屋根も作ります。型はスチレンボードを削って作りました。粘土を置いて整え、取っ手を付け、歪まなくなったら型は抜きます。それから瓦を貼ります。瓦は粘土に顔料を混ぜて着色したものを数種類つくり、ランダムに貼りました。瓦は石膏型を利用して同じ形になるように作りました。

18052809
瓦が全て貼れました。

18052810
これで土台は完成、一度焼きます。
約2週間の道のりでした。

さて焼き上がった本体に釉薬を掛けます。今回は吹きつけたので、内側に釉薬が入らないようにマスキングします。(上部のビニール)
玄関エントランスの床タイル部分は違う釉薬で絵付けするので、陶画糊を塗って釉薬が掛からないようにコーティング。
使用した釉薬はマヨルカタイルのベースに使っている白色釉です。

18052813
こちらは吹きつけ後。白く覆われましたが、緑の粘土が透けて見えています。

18052814
屋根も同じように釉薬を掛けます。1枚目が掛ける前、2枚目が掛けたあと。取っ手の天面の茶色は陶画糊です。18052815
18052816

マスキングを取って、窓の内側枠にモザイク模様を入れます。クエルダセカで直接絵付けしました。写真に写っていませんが、上のほうが大変でした…

18052817

壁は顔料をスポンジでパッティングし、カラフルに。

18052818
ドアファサードの内側もパッティング。床のタイルも色を付けました。外壁のタイルは筆で絵付けしていきます。

18052819
これで絵付けは終了。再度焼成します。焼き上がると1枚目の写真のように、若干乳白色になります。

長々とお付き合いありがとうございました。次回は床と小物類をご紹介予定です。<RK>

スペインタイルアート工房 携帯HPパソコンHP

|

2018/05/14

エルカプリチョの街:コミーリャス

前回、ガウディ作のエルカプリチョという建物をご紹介しました。

今回はこのエルカプリチョがある街、コミーリャス(Comillas)について書きたいと思います。

コミーリャスは観光地で有名なサンティリャーナ・デル・マルからバスで20分ほど西へ行った海沿いの街で、空港もあるサンタンデールからも時間を選べば1時間程で直行バスが出ています。

この街に行く目的はもちろんエルカプリチョを見るためでしたが、それだけではないのです。この街にはガウディと並んで当時流行していたモデルニスモ建築の巨匠達~ドメネク・モンタネールやジョアン・マルトレイ~の作品やモニュメントが街じゅうにあるんです。ガイドブックにも載ってないし(そもそもコミーリャス自体が載ってない)、どんな作品があるんだろ?という興味もあり楽しみにしていました。

1

まずは「ソブレリャーノ宮とチャペル=ジョアン・マルトレイ作」。

入り口まで行ってみましたが、この日はあいにく休館日でした。残念。。。マルトレイはガウディがまだ建築学校の学生だった頃からアルバイトで雇ってくれていた直接の師匠なる人物。サグラダファミリアの総監督にガウディを推薦したのもこのマルトレイと言われています。写真には写ってないですが、実は左端のチャペルの隣(同じ敷地内)にエルカプリチョがあります。師匠の作った建物の隣に弟子の建物が建っているのです。お互いにどのような気持ちだったのでしょうね。

さて、説明が後述になりましたが、なぜコミーリャスにはこんなにたくさんのモデルニスモ建築があるのでしょう?

前述のソブレリャーノ宮の持ち主はコミーリャス伯爵。名はアントニオ・ロペス・イ・ロペス。19世紀のスペインの植民地支配時代にキューバに渡って商売に成功し、財を成して大富豪となって故郷に凱旋帰国した人物です。この人の娘の結婚相手がグエルさん。ん?どこかで聞いた名前。そうです、ガウディの最大のパトロンで、バルセロナを代表する実業家です。グエル公園で名前を聞いたことがある人も多いと思います。ロペスは当時バルセロナで流行していた最新の建築を地元にも!ということで財力に任せて当時の最高クラスの建築家達を地元に呼び寄せたそうです。すでにグエルはガウディの実力を買っていたので、コミーリャスにも作品を作らせたのです。

説明が長くなりましたが、そういうことでコミーリャスはそれまではただの田舎の漁村だったのが、19世紀末にはブルジョア層の夏のリゾート地となり、プチバルセロナと化したのです。

2

さて、作品紹介に戻ります。お次は教皇立大学。(司祭や修道士を輩出する神学大学のようです。)

まずは入り口のすごい存在感ある赤い門。「美徳の門=ドメネク・モンタネール作」。

モンタネールは、バルセロナの世界遺産、カタルーニャ音楽堂やサンパウ病院を作った人です。レンガ積みの赤い門の前面はタイル張りになっていて、ラスター彩が所々に施されています。「MARIA AVE MARIA」と読めますね。

4

かなりの時間、写真を撮ったり彫刻を見ていたら、守衛さんが「入っていいよ」とゲートを開けてくれました。本来、見学はガイドつきの予約制のみ。ありがとう、守衛さん!

ここに来るまでかなりの上り坂でしたが、ゲートをくぐっても校舎まではさらに急坂です。

20jpg

さっき見ていたソブレリャーノ宮とチャペルが随分小さく見えます。さらにエルカプリチョの塔部分もちょこっと見えてます。

ようやく校舎に着きました。

5

「大学本館=マルトレイ作、装飾・内装等=モンタネール作」。

設計したのはマルトレイですが、途中から装飾などに加わったモンタネールが最終的に完成させています。いわば合作ですね。残念ながら中には入れませんでしたが、ひと際目立つ鉄の門に近づくとー。こちらもやっぱりモンタネールの作品でした。

9

7 モンタネールが彫る女性像は本当に美しいな、といつも思います。気品のある優美な感じの女性ばかりです。神学校にちなんで聖書などの宗教的なモチーフも見られます。ここまで来て中に入れないのは悔しいですが、とにかくまだまだ見るべきモニュメントがあるので先に進むことにします。

13

こちらは「モロー邸の門=ガウディ作」。別名は鳥の門。一番大きな門は車用、中くらいのは人間用、そして右上の丸い窓は鳥たちのためのもの。なんてかわいいんでしょう!個人邸なので、興奮を抑えながら静かに見学です。

14

よく見ると小さな石を積み重ねて作られています。それなのに丸みを帯びていて柔らかい雰囲気。ガウディならではの見事な曲線美です。角ばった凸凹石を全部研磨してるのかしら??丁寧で細かい仕事ですね。そして鳥のための門なんて、遊び心たっぷりですよね。ガウディのそういうところが大好きです。

この辺りは街一番の高台で、高級住宅街(別荘地)のようです。邸宅の目下には海が広がっています。私が歩いている時も、ひっきりなしにカモメや海猫のような鳥が飛び交っていました。きっとガウディも設計する時にたくさんの鳥に出会ったのでしょうね。

12

モロー邸の門の近くの集合住宅の看板タイル。「カモメ」という意味です。やっぱりカモメが多いんだなー。

15

こちらは「笛吹少女の家?」かな?少女なのかおばちゃんなのかは微妙なところ。

16 17

街の中心地の広場です。「噴水=モンタネール作」。

噴水まで作ってるのかー。バルセロナでガウディ作のガス灯を見た時と同じ気持ちになりました。建築家ってなんでも作れるのね。。。

石像彫刻部分は人が触るのか、磨り減って丸くなってしまっています。

でも生活の中に巨匠作品が実用品として密着していることが伺えますよね。

今回は観光案内所でもらった「Ruta Modernista=モデルニスモの道」という地図の中から抜粋してご紹介しましたが、実際は全11か所あり、すべてを見て回りました。街を端から端まで歩き尽くした感じです。山あり谷ありで3時間くらい歩いていたでしょうか。

19

モデルニスモ好きの方は、コミーリャスに1泊しても良いかもしれませんね。

巡礼の道沿いなので宿も予想以上に沢山ありました。

私が宿泊したサンティリャーナからだと、バスの時間に左右されて予想以上に時間がなかったです。こちらはバス停の時刻表。このボロボロ感、なんとかならないもんでしょうか。。。ま、時刻はかろうじて見えるからいいか(笑)。<KY>

スペインタイルアート工房 携帯HPパソコンHP

|

2018/04/30

自由制作アイテム「マジョリカ・フクロウ」のご案内

facebookではご紹介済みのフクロウたち。

18043001

この3月から東京、大阪教室の自由制作アイテムに加わりました。通年コースの生徒さん、卒業生の皆さんは誰でも作ることができます。

ふくろう本体は、液状の粘土を石膏型に流して型どる「鋳込み技法」で作ります。
乾燥したら一度焼いて絵付けし、また焼成します。詳しくは講師にお尋ねくださいね。材料費200円(+税)/個、焼成費200円(+税)/回。
高さ約53ミリ、元々は「爪楊枝入れ」で置いておくだけでも可愛いですが、小花を飾ったり綿棒を入れたり、使い方はアイデア次第です! ぜひ作ってお家に連れ帰ってくださいね〜!

18043003

こちらはおまけ。
試作した時に発色がイマイチで、見本デビュー出来なかった子を家でキャンドルにしました。教室に持ち帰ってみると好評で、教室でもキャンドルが作れるようにしよう!と急展開。2018年4月現在、東京教室のみですが、キャンドルにしたい方はご自分で出来ますのでお声かけください。材料費は1個200円(+税)です。

溶かして流すだけなので簡単に出来ますよ。作業の流れをご紹介しますね。教室でも同様に作ります。

ロウはこのくらい使います。ススの出にくいソイ(大豆)ワックスを使用。

18043004

湯煎で溶かしたら芯を設置してロウを流します。ここで香料(フレグランスオイル)も投入。固まるまでしばし… 18043005

ロウが不透明になったら完成! 超簡単です!

18043006

火を灯した写真はfacebookのこちらの写真をご覧下さい。
制作ご参加、お待ちしてま〜す! <RK>

スペインタイルアート工房 携帯HPパソコンHP

|

2018/04/16

スペインタイルアート工房女川教室、開講しました!

春本番ですね。新年度、気持ちも新たに、スペインタイルアート工房の新教室開講しました。先日もお伝えした通り、スペインタイルアート工房の3番目の教室、宮城県の女川教室です。

「おながわ」 どこにあるか知ってますか?仙台から海にむかって電車で1時間半、車でも約1時間半、正直近くはありません。でもたまにはのんびりローカル線もいいですよ。市街地から山を越え海が見えてくる時のワクワク感、潮の香りが心地よく、近すぎず遠すぎずちょうどいい小旅行です。

私が最初に女川を訪れたのは震災後、まだ仮設だった商店街にタイル絵付け工房を構えた時です。街中がれきの山なのに、工房の現地スタッフは毎日明るく元気よく、朝早くから夜遅くまでがんばってました。これからどんなふうに進んで行ったらよいのか、試行錯誤の毎日でも躊躇せずに突っ走ってました。そんながんばりが功を奏して、現在も全国からタイルの注文を頂戴し、全国におながわスペインタイルが発送されています。

ただ、今後はもうひとがんばりが必要なのかもしれません。いつまでも被災地という枠に入っているわけにはいかない。これからはそこから一歩飛び出そうと。そのひとつが今回の「スペインタイルアート工房、おながわ教室」でもあります。一度きりではなく何度も足を運んで欲しい、そのきっかけになれば、というのが私達スタッフの希望です。

話変わりますが、おながわはホントにお魚が美味しいんです。もう何年も前ですが仮設商店街で食べた海鮮丼に私は感動しました。現地のスタッフはフツーにいつも通り食べてたけど、今まで食べてた魚はなんだったんだろ?と思うくらい。おながわのいいとこ1つめを発見しました。そしておやつに出て来た笹かま。これまた今まで食べてた笹かまはなんだったんでしょ?と、おながわのいいとこ2つめ。食べ物ばかりじゃないです、工房に来る人来る人なんだかみんなアツい!おながわのいいとこ3つめ発見。そして帰りに裏の高台に上ってみたら、凜とした空気、心の中のよどみが飛んだ気がしました。いいとこ4つめ発見・・・ときりがないのでやめます。

そんなにたくさんの観光地があるわけではないのに、リピートしたくなる魅力がある街です。言葉では伝えきれないのでまずは一度行ってみて下さい。せっかく行くならタイルの絵付け体験をぜひ、また、既に東京や大阪教室に通って下さっている生徒さんは女川教室で継続コースの続きをすることもできます。頑張りに頑張りを重ねてここまできた東北美人が皆さんのご来校をおまちしてます!<YF>

スペインタイルアート工房 女川教室

Kobo_maker

スペインタイルアート工房 携帯HPパソコンHP

|

2018/04/01

スペインタイルの小冊子ができました

スペイン大好き!の卒業生が、過去何度かのスペイン旅行で撮りためてきたタイルの写真を小冊子にまとめました。普通の旅行ではとても周りきれない、ガイドブックにも載ってないタイルの写真、また現地のおすすめ情報も掲載してます。

やっぱりスペインタイルってキレイだな・・・と私たち講師も見いってしまう画像ばかり。この小冊子でスペインタイルの小旅行ができそうなそんな内容でまとめてあります。普通のガイドブックと違ってタイルの写真を詰め込めるだけ詰め込んだので1ページ見るのにかなり時間がかかります。

教室での閲覧も可能ですが、手元においておきたいという方、自宅でゆっくり見たい方には販売もしております。500円/冊(税別)A4サイズで全60ページ。←すみません、スペインタイルアート工房の生徒さんに限ります。

この本の中にある画像をご自分用の作品制作で使用することも可能です。(販売はダメですよ) 使いたいな、という場合は冊子をご購入いただき、好きな大きさに加工して使用されるか、写真データを教室からメールでお送りすることもできます。

自宅の壁のアクセントにタイルをはめたいんだけど、どういうイメージにしようかな?なんてご相談をよく受けます、そんな時にはとても参考になるのではないかしら。また、これをもとに現地に行かれる時は最新の情報をチェックして下さいね。

郵送も可能ですのでご希望の方は教室までご連絡下さいませ<YF>

 

スペインタイルアート工房 携帯HPパソコンHP

Photo_2 2_3 3_2




|

2018/03/19

ループタイとブローチ

昨年作ったループタイとブローチと試作品をご紹介します。
それぞれプレゼント用で、上手くできたら展覧会に出すつもりでしたが
「プレゼント」は相手のことを考えて作るから、あまり冒険しないですよね…
というわけで展覧会に出すには面白みが足りなく、出展はやめました。

プレゼントその1 ループタイ タイル直径は35mm。

18031901
プレゼントその2 ブローチ兼スカーフ止め タイル直径は33mm。

18031902
例によって製作中の写真がほぼありません… これらは焼成直前の写真。

1803190418031905
六角形タイプのループタイも作りましたが、丸いタイプをプレゼント用にしました。こちらのタイルは37×42mmで、重く感じました。

18031903

ブローチと同じデザイン。100均のヘアゴムパーツを付けて自分用に。裏側を見ると段差がありますが、ミニチュア皿用に作った型を使って作りました。偶然にもブローチやヘアゴムパーツのカーブにピッタリの型でした。

18031906

数年前に作って再焼成待ちだったものも完成させました。こちらも100均のくるみボタンパーツを付けてヘアゴムに。直径29mm。きれいなカーブが出るように石膏型から作っています。これと上のミニチュア皿が原型のタイル以外は、伸ばした粘土から六角形や円形を切り出しています。

18031907

シンプルで渋く、とデザインしたものの、すごくイマイチに仕上がったモノ… このままお蔵入りかな… 六角形は22×30mm、楕円は23×33mm。

18031908

最後にご紹介する2つは満足いく出来でしたが、何に加工しようか迷い中。丸いほうは直径33mm、六角形は22×30mm。どうしようかな? と考えるのも楽しいですよね。<RK>

18031909

スペインタイルアート工房 携帯HPパソコンHP

|

2018/03/05

エルカプリチョ

建築家ガウディの代表作のひとつ、「エル カプリチョ」に行ってきました。

場所は北部カンタブリア地方のComillas(コミーリャス)という町にあります。

サンティリャーナ・デル・マルという中世の古い町並みが見られる美しい街をご存知の方も多いかと思いますが、この街からバスで20分くらいのところです。

このコミーリャスには、ガウディの作品とモンタネール(カタルーニャ音楽堂などモデルニスモ建築でガウディと並ぶ偉大な建築家です)の作品がたくさんあります。まさにモデルニスモ建築の隠れ家的な街と言えるかもしれません。

この街については次回のブログで触れるとして、今回はエルカプリチョについて紹介したいと思います。

1

このカプリチョという名前、スペイン語で「奇抜な、奇想な」という意味です。

見た目からすぐに独創的なガウディの作品とわかる佇まいですよね。

この建物はガウディが若干30歳の時の作品です。バルセロナのカサミラやグエル公園よりもずっとずっと前のガウディ初期の作品なのです。

建物見学は時間制のツアーガイドがあり、それに申し込み入館しました。ただ、建物のファサードを見て、私はすぐにツアーから離れてしまいました。。。

じっくり好きなように見たいな、と思ったからです。(離れても特に何も言われませんでした)

223

まず目に飛び込んできたのは、大量のひまわりのレリーフタイル。建物の外壁はヒマワリとその葉、そして緑のタイルで埋め尽くされています。ひまわりや葉っぱが立体的に飛び出たタイプのレリーフタイルです。サイズは1枚15cm角。ガウディは設計時にこのタイルを物差し代わりにしたとも言われています。

20

7_2

そしてベランダの鉄で作られた装飾細工。音符のようなモチーフが見られます。

この建物の依頼主が音楽に精通され、植物を愛でる方だったようで、ガウディはそれらをこの建物に存分に取り入れて表現したようです。

建物の中は細かく部屋が分かれていますが、部屋と部屋は扉で繋がっています。各部屋は太陽の動きと連動し、1日の生活が太陽の昇る東から太陽が沈む西へと自然と共に流れていくようになっていて、各部屋を伝って建物をぐるっと一周できるような設計になっています。

例えば東には朝日と共に目覚める寝室を置き、南には太陽をたくさん取り込めるように天井がガラス張りになった温室。西には夕食をとる食堂を配置するなどです。

3

4

こちらは玄関ホールのステンドグラス。何の葉っぱでしょう?やはり植物がモチーフですが、周りは幾何学的。ガウディは建物の随所に幾何学やアラブ風の装飾、建築様式を取り入れています。

5

こちらは食堂にあった暖炉。周りはすべてタイル。色合いが素敵!

6

こちらはメインサロンの窓。壁いっぱいに窓が配置され、こちらもアラブ風に窓枠が設計されています。北向きの部屋なので光をたくさん取り込むための工夫なのでしょうね。

9

こちらはシャワールーム。壁も床もタイル。特に壁のタイルが素敵でした。水の波紋とか水滴とかをイメージさせますよね。

10

シャワー室隣にあったステンドグラス。庭の緑とステンドグラスに描かれた鳥や植物が自然の中で一体化してるように見えました。鳥はピアノの鍵盤の上に乗っていてとってもカワイイ。

11

窓のノブ。こちらもどこかアラブ風。

12

寝室の天井。多くの部屋の天井は木張りで、各部屋異なる木工細工が施されています。こちらはムデハル様式のよう。

13

書斎に掛けられていた写真。たくさんの写真が飾られていましたが、その額がどれも個性的で興味深々。粘土でこんな額縁が作れたらいいな、とじっくり見入ってしまいました。

16

17 こちらは姿見。この装飾、どこかで見たことありませんか?

スペインタイルでもよく使われる渦巻きと流線型のデザイン。昔から伝統的に使われていたデザインですが、ガウデイも取り入れていたんですね。

19

屋上です。広いバルコニーになっていて、太陽をたくさん浴びることができます。ひまわりのレリーフもいっぱいで明るい気分になりますね。

21

ガウディの銅像です。建物の横のベンチに座っていて、エルカプリチョを見上げています。

22

25

訪れた時はちょうど紫陽花が綺麗な季節。前日まで雨が降っていたようで緑も青々と生い茂っていて、庭もとても美しかったです。

まさに自然と一体化した作品で、ガウディらしい遊び心も加わった素敵な建物でした。とっても見応えのある建物なので、ガウディファンの方は是非行ってみてくださいね。<KY>

スペインタイルアート工房 携帯HPパソコンHP

|

2018/02/12

TV台の天板にタイルを貼りました

作業場に置いている古いTV台に、買ってきた陶器類を飾っています。
この天板にタイルを貼りたいと作り始めたのは2010年のこと…


201802121



しかし半分ほど作ったところで放置。必需品でないものは後回しにしがちです…

去年、やっと残りを作って完成させました。


トルコのデザインで六角形の組タイルとしました。まず15cm角タイルから4枚の六角形を切り出します。周囲は六角形を半分にカットし、さらに細いタイルで囲ってサイズを調整。


201802122


六角形はそれぞれ縦と横にカットするため、台形とホームベース型の2種類のタイルが出来ます。この枚数とデザインの配置を間違えないようにすることが面倒でした。脳内で計算すると絶対失敗するので、最初に全部のタイルを並べた配置図を作りました。


201802123


あとはひたすらひたすら絵付けです。

細かめのデザインですが、輪郭線が無いので案外サクサクと描けます。1枚2〜30分くらい。とはいえ枚数が多いので時間がかかります…


描いているところの写真が無くて恐縮ですが…

出来上がったら全て仮置きして間違いが無いか確認し、周囲のタイルを先に貼ります。

きちんと接着されたら六角タイルを貼っていきます。色むらが気にならないようバランスよく。青い木は同色が向かい合うように気を付けて。


201802124


全部貼れました!


201802125


周囲にマスキングテープを貼って、目地を埋めます。
生乾きになったらスポンジで拭き取り、乾くまで何回か繰り返して綺麗にします。


201802126


マスキングテープは目地が半乾きのうちに取っておきます。


出来上がり!


201802127


出来上がる瞬間が一番楽しいです。それにしても完成まで長かった…<RK>


スペインタイルアート工房 携帯HPパソコンHP

|

«福岡大丸船戸あやこ作陶展